読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

資産家

資産家というと どこかの大企業の創業者社長 地主をイメージすると思われるが

一番の資産家はというと 将来のある子 若ければ若いほど おそらく資産家

金がある 土地がある 名声がる など これらを資産家というが

社会的な資産家と 本当の資産がある人とは違う。

老いた体になんの価値があるのかとはいわないが 残りの時間をどれだけ持っている可能性があるか これが 資産があるかどうかという基準であり価値観はさほど周知されていない。当たり前すぎて述べるまでもないからだろうが これは事実

 

人間は脆く いつ死ぬかわからない。

昨日があり 今日があり 明日があり 来月 年末 来年 10年 20年後 あると思う生き物だが

毎日毎日この一瞬の存在でしかない。

恒常性という機能で 体は維持しているが 加齢は進む。

体は変化し 脳も変化する。

金持ちになりたいから といって 自分の大事な資産である時間を割安で売ってはいけないということに気づいたのは最近のこと。遅すぎ。

なんとなく去年強く意識したが言葉にならなかった。

 

金や物 土地 他人の視線感情 その他もろもろに囚われるあまり 幻の国の住人となっていた。

 

かといって そんな非現実に見える価値観を主体におけば 現代では破綻しかなねないから どこでそのおりあいをつけるのかということで

 

前向きな仲間と楽しく 好きな仕事で日々すごす。こういうのが 自分の目指す方向ではないかと思ったりする。

 

一番大事なことを若くして認識している人もいる。

そういう人は 恵まれていると思う。金などの物質的な利益を最優先しない人だ。

 

しかしながら 失敗や 底ばかり見る事ができた人間が恵まれていないかといえば それだけのトレーニングができたことを誇らしく思えばいいと思う;。

 

 

 

過去を振り返え 検証し    これからだから ね。

広告を非表示にする