読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

目標

今までを振り返り 思い返す時が今朝あった。

人生なぜか 目標の為に 生き 過ぎた。

大半が仕事だ。

そしてその仕事の成功はたまにあったが一瞬の出来事で その感覚を共感できる人はほぼ少ない。

仮にパートナーがいたとして よほど一緒にしていなければ それは傍観者としての共感にしか過ぎない。

 

そして仕事の目標はまるで蜃気楼のように進めば進むだけ 遠くなり そして姿形をかえる。

 

目標を達成しなければ ならない 的な それまでは 我慢的な 生き方は どうも 違うなと 思いつつある。

 

仕事が終わらないと なんて 毎日やっていると いつ人生を楽しむのか?

いい思い出ができる?

思い出にひたるのであれば 誰かの成功を動画で見ているのとさほどかわりない。

なので 仕事仕事って 毎日しゃかりきになるのは 間違いだったと 今更ながら思う。たぶん今成功していても どんぞこでも同じ感想になると思う。

 

なぜなら時を失っているのは おんなじだからね。

 

広告を非表示にする