読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

職住接近

住む場所は仕事場にできるだけ近く

離れるなんてとんでもない。

極論 仕事場と生活空間が一緒であれば ロスないよね。

 

という仕事至上主義でここ最近まできた。

 

しかし 時間の経過とともに気づいたことだが

一定の距離を離して 仕事は仕事と切り離す必要があると最近思う。

そりゃあ 1時間も2時間もかかる仕事場では問題だが せめて 忘れることができる距離があるにこしたことはないと思う。

 

そーはいっても なかなかできないんだけど

 

仕事一色って ただ時間が過ぎるだけというか

そもそも 仕事という妄想のようなものにしゃかりきになってどーするのかとさえ思う。

 

顧みて思うことは  過去を振り返ること

仕事って消える。

その時だから成立していたこともあるし その年齢だからやる気になったばかばかしい

仕事もあるし、

そー考えると仕事って 妄想 幻に近いなあと思うのね。

 

だからこそ主体たるべき 住が基本で 仕事は従で それをごっちゃまぜにするのはどうかなとよく思うこのごろ

 

 

 

 

広告を非表示にする