読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

労働集約型産業

人手に頼る部分が多き業種 産業をこう呼ぶ

労働集約型 といえば 人力がありきの仕事

 

これをやる場合一人でやれる限界がすぐ見える仕事はよくないと思う。

例えば職人 土方 PC土方などなど 人力がありき なのは 限界があるわけで

その限界は その人の持つ時間

水商売とか風俗その他 そういう系も基本同じ。

いくら時間あたり1万とか2万とか 仮に 5万 10万だとしても その人の若さ年齢と引き換えに お金という紙切れを積み上げているだけだから どこかで 選択だと思う。

自分はまだまだ若いという時 そんなこと考えもしなかったけど

自分が動かないと儲からない稼げない仕事って 体がやられた時 年老いた時 に 後悔すると思う  

それでも やめられないから 

 

あれもほしいこれもほしい という執着がだんだんなくなってきた今

お金への執着もなくなってきてしまった。

それも考えものなんだけど

自分が動かないと なんてのは もういや

広告を非表示にする