読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

100円ショップの自転車グッズ

わけありで自転車の修理が必要になることが重なった。

100円ショップに行くと 最近 妙なものまで安い。

空気いれというと 昔はおもちゃ それも使い物にならない 形だけのおもちゃしかなかったが 200円で 使えそうなものがある。

虫ゴムから タイヤのチューブ(300円)まで それなりにそろって 単品レベルならネットで買うよりも安い。

 

自転車パンク500円というサービスを何回かみかけたことがあるが  そりゃそーだ

やってみたら500円でも高いのがわかる。 

もしも 自転車専門でパンクを直していけば 一時間4台から5台ペースできそーだから

 素人でもできる パンク修理 今までなぜやらなかったか と思う。

やってみてはじめてきづく

 

そういうを見ると 世の中で採算があわなくなる仕事がこれからどんどん増えるんだなとつい感じてしまう。

 

消費者にとれば便利になるだろうが 仕事そのものが儲からない仕事が増えていく。

そのかわり 人手は不足するから 賃金があがるので 採算われする企業が増えるということなると思う。よくわからん。

 

ただ 最近 頻繁に聞く言葉  金をかけないと 儲からない 商売にならないというフレーズ

それと粗利が減っているという話

仮に100万の粗利 売り上げがあっても 今まで30万まででよかった経費が 40万 50万とあがってきている と

ものが余ったりなどで 消費者の目が肥えている結果ともいえる。

そんな感じで商売(小さな自営ね)は 以前よりも むずかしーくなってきていると思う。

経費をさげ数をさばくような時代なのかなともおもったり いろいろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする