読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

多忙と暇の配分

忙しい時は昼夜関係なし だけど、暇になると、しばらく空いてしまう。あたしはどうしたらいいか

 

みたいな人って世の中に多いと思う。

フリーから会社まで 幅広くある話

 

もう仕事なんか一生しないから というくらいおされて きついたら週休5日とか

 

地方の工場みたいな話もあるわけ。

 

人生でも 波があって 自分のの属す業界が波に乗ればそういう出来事に遭遇する。

 

この波をコントロールできなければ 気づいたらあれ?みたいな状態になる。

 

以前 していた仕事は とにかく忙しかった いま それにたずさわってしがみついている人の多くは その時 次の手を打てなかったから その後苦労している。

 

コントロールできない仕事はもはや仕事ではなく奴隷にちかい。

 

少し前かかわっていた 仕事は 毎週1,2回仕事があった

相手にあわせてうごかざるえない面があり それが中途半端に待遇がいいと 他に思い切ってシフトできず ずるずる 昨年ある時 もう他に頼むから で あっさり切られた。10年続いたのに 電話でおしまい。

 

 

いい勉強になった。

 

それで 二度と 他人の仕事の手伝いをするのはやめようって 思った。

 

どうしても 他社だよりの仕事だと 最初に書いたような 暇な時は どうしてもあいてしまう ということなる。

 

それを どう対処すべきか  仕事の最初の段階でおりこまないと 

自分の時間 や 仕事全体に多大なマイナス影響を及ぼす。

 

普通に ただ発注を受けるだけ とにかく増やせばいい の方針だと ふりまわされるだけになるから。

 

だって かわりはいくらでもいるから 気分がかわれば 他にふられるだけだもんね。

そんな相手の仕事をまともにうけているとばかをみるから

 

 

仕事でもプライベートでも 多忙と暇の配分を自分でコントロールできなければ それは もう自分の人生とはいえない。

 

 

広告を非表示にする