読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

養生

養生というと ペンキ等を塗る際、引越しなど荷物をだしいれする際傷つけないようにカバーをするという意味合いが比較的使われる機会が多い昨今

 

以前はこれだった。

 

 健康に注意し,病気にかからず丈夫でいられるようにつとめること。健康を保つこと。摂生。

健康に気を配ること、また病気の手当をすること

 

ある程度の年齢になると (個人差あり)

活動して よく養生して次に備えなければならない。

年齢を重ねれば重ねるほど 回復期間が長くなり

活動そのものを減らさないと翌日に響き 回復できなくなる。

 

体力的なこともあるが 知的活動においても ある程度の段階になると あれもこれも は 無駄が多い

 

ある程度選択し 選択をする時期がやってくる。

 

あえていうなら 若い時は 選択などせず とりあえずあれもこれもやっても それが道となると思うが ある程度の仕上げ期的年齢になると いつまでも未知な道なき道を歩き続けることは つらいかもしれない。

 

ただ、昨今は 道がそろそろ見えてきたと思っている世代において またふりだしにもどったように 未知な荒野があらわれているような気がする。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする