読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

メッセージ性

メッセージ性の強い言葉 格言みたいなものは おそらく多くの人がわかっている事なのだが 多くの人はきれいに言葉にできない。

その違いは うまく言葉や文章にできるかどうか程度で

さほど差がないのかもしれない。そして意外に伝わっていないと思う。

正直 人を疲れさせる。

やろーよ できるよ がんばろーよ というのは もともとそういう前向きな人を肯定することにしかならない。肯定どまりで 背中を押すには少し弱い。

大勢の感想は     それで何か?

だと思 ったりする。

それでも歩留まりレベルで 何人かは救われはじめるのも事実だが さあ・・

 

たぶん 

そんなのわかっているけどさ うるさいなあ となるのだと思う。

それにその人のステージにより理解できなかったり 意味がなかったりするから 正解とも限らないし 

 

世の中というか社会は 理屈だけでうまくまわらないから

一部だけ拡大して 何か論じてもねえ と 最近たまに思う。

 

以前は 相当理屈っぽかったが 理屈だけで通そうとすると 無理が生じることがなんとなくわかってきたということかもそいれない。 屁理屈がうまくても めんどくさーと思われるだけ

 

それに 理屈で勝っても  その後 しかと されたり あとで こそっと 仕返しされたり 危害を加えられたりとか 意味ないからね。

 

だから正論はしょせん 机上の話で それだけでまわればくろーしないよなあ とつくづく思うことがあった。

 

何か 意思もって書いてるでしょ と思われてもしかたない文章を書くときは多いが

誰かを変えようなんて大それた事はまったく思わなくなった。

もし 誰かに向かって書いているとしたら 自分くらいかな。

 

 

広告を非表示にする