読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

いっぱい ギリギリの毎日は いざに対応できない。

いっぱい ギリギリの毎日は いざ 何かがあっても それ無理だから ということにしかならない。

それはほぼ チャンスのようなものを逃す。

余裕があるから拾えるわけで

 

時間ギリギリで目的地に向かう途中に 15分かかるチャンスが転がっていても拾えないのと同じことだ。

 

余裕をもって行動するということは その余裕が チャンスを生む可能性を学習した場合もある。これ おれの場合 

 

 

勝ち組とか負け組のようなロジックを意識して人生歩んできたから

その場その場 日々毎日を楽しむという感覚は薄かった。

皆無だったかもしれない。

つねにギリギリ 持ち金 もち時間すべて賭けていた状態だった。

 

誰かに比べてとか 誰よりも とか そういう競争心をもっても 

自分の人生は 他人とは違うから 競争して 

大事な 今の時間を失ってはいけない。

先輩や同僚 などは 競争を強調すると思うが、大事なのは 自分との戦いだ。

 

 

やらなきゃ 目標に達しないと・・・みたいな ことしていても 

あとからふりかえれば その目標とかはたいしたことがなかったりする。

 

それに 時代はこれからますます変わるから しゃかりきになって 仕事をしすぎるのはリスク高いと思う。

それは しゃかりきにやった仕事のほとんどが 後々からみたら 積み重ねにならないことを意味する。

 

広告を非表示にする