読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

お金や機械が無くても大丈夫

いきなりだが 昨日 お寺の掲示板で見た。あまりによくできた選択だったので 書いてみる。

 

f:id:sokugo:20170218112141j:plain

内藤多仲

東京タワーを建てた人だ。

 

検索してもあまりこれがでてこないみたい。

 

そりゃそーかもしれない。誰もが思う よく聞いた言葉

意思があれば 道は開けるも 同じ よく耳にしたし

エデンの東の ティムショール も同じだなと

 

ただ これはよくある自己啓発ではなく 東京タワーをあの戦後の時期に建てた人が建築した後の日記に書いた文だから(自分を奮立たせる為ではなく 学んだこととして) 適当にそこらの自称 こんさるがいうのと わけが違う。

 

この意味が本当に腑におちるようにわかる人が読者に何人いるだろうか

自分は ため息がでるほど つくづくこれの意味の深さを感じてしまう。

 

 

 

※お金がなにと何もできない。生活さえできないという 次元の話ではない。

夢や目標があり 実現する為には お金や 高価な機械がないからうちなんかじゃ無理だ と できない理由やハードルになるが 夢や希望の計画がしっかりしたものであれば 金は集めることができ、高価な機械さえ 用意できるようになる。

いくら金があっても 夢や希望がなく 金もうけするアイディアが浮かばなければ どうしようもない。

ここ昨今は 運用することができないマネーがあふれている時代だから 金がないからというのは 頭がよくないから プランがしっかりたてることができないと同じ意味に近い。

 

 

 

広告を非表示にする