読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

小難しい話は受け入れられない。

あなた仕様に という カスタマイズされる できる 時代になっている。

しかしそれを他人に求めてはいけない。

 

 

選択の自由がなくなってくる 中年以降の婚活で ポイントになるのもここ。

こーいう相手でないと いや 的 かなり 絞られた希望は ほぼかなわないし、

時間的に残り時間との戦いに敗れる。

 

そもそも18や20歳を過ぎて 価値観があう というのは錯覚にしか過ぎない。

いわないだけ

コミュニケーションが高ければ 聞きはするが 聞いてないわよー そんなこと

で流されている。

年齢関係なく 難しい話は 相手に細かい仕様をのぞむようなものだから 命令に近い

こういう前提で話を聞いてくれ そして理解してくれ

 

せいぜい 聞いたふりです。

 

だからこそ 小中学生でもわかるような簡単話し方は好まれます。

それができないなら 聞き手にまわるのが懸命だと思う。

 

 

じゃ お前 それがわかってるなら 簡単な話を書けよ と思う人がいるかもしれないので書いておくが

媚びてすかれようと思わないし アクセスがのびなくてもいいし、多くの人に「理解されなくてもいい。 それよりも いまより多くのの労力をここに注ぐメリットがない。ということである。それにだれ彼多くの人にというポリシーはまったくないので

仕事で営業をする場合以外は あえて自分を押し殺して表現するつもりはない。

 

人は 知識や判断力が増えると 話を入れ子構造にしがち で こうともいえる 違う場合もある えっ>?どっちなの みたいな話をしがちだ

正確につたよーと思うから余計そーなるが 

 

ラブレター A4用紙10枚きっちり 正確に書かれても 気分わるい と同じような結果にしかならない。

 

伝えようと思えば とにかくシンプルに 小学生でもわかるように 

そうすれば 相手は 読みたいように 読み取ってくれるので とりあえずは かまつてももらえる。

 

 

 

 

広告を非表示にする