読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

他人との相違

他人に自分の価値観を押し付けるのは 他人にうそをつけというものである。

らしい。

 

よくみたら 数年前に手にいれた本にもこういうことが書かれていた。

目に入っていただろうが 認識にいたらなかった

こういうことはよくある。

 

他人の意見を尊重してあげるのも礼儀であり思いやりらしい。

 

他人に自分の趣味や意見を押し付けるのは 迷惑行為であるらしい。

 

(自分の意見をいうのと 押し付けるのは 紙一重 語尾ひとつ ふいんき タイミング で変化する それでも相手の受け取り方で どちらにでもなる。いわれてしまったって・・・・ こうなると もう黙るしかなくなる。追認するわけにはいかないが 君はそうなんだ へえ で御仕舞 

それがわかるということは 自分の意見を気持ちよく話している時相手がそう思っている可能性が非常に高いことも理解できて それが とても辛くなる。

わかりあえないんだって)

 

 

よくわからないが、極力そうあるように心がけている。

誰だって 自分の信じてる世界をぶちこわされたくない。それが間違いでうそだらけで基地外じみていても その人の信じて積み上げてきて大事にしている世界だ。

後で なんでいってくれなかったの?と人はいうが いったところで理解されず トラブルがおき しこりが残るのであれば いわない。

 

だから頑固だったり 人の意見をきかない姿勢はよくないのだが 

自信あり と人の意見をとりいれるは相反するもの のように人は 自分の意見以外はあまり関心もないし 姿勢は 聞かない姿勢。

 

 

 

他人から意見をいわれないというのはそういうことがある。

どうぞお好きなように。

 

リアルでも利害関係に影響がなければ ほっとくに限る。

ネットでも いいたいフレーズが山程でてくるが いっても時間の無駄だ。

みんな感じていることは同じ。

だから 自分にとり信じやすい 都合のいい情報を踏み続けることにもつながるのだが・・・・

 

 

あまりに世界のルールが変わりすぎてきて まずます何が正しいとはいいきれなくなってきている。

評価基準 価値基準が違えば 正しいは変化するわけでで

 

そんな時代は 他人の意見を否定するよりも 相違の中に可能性を探すほうが 懸命かもしれないし

たぶん そのあたりをファーカスすることはかなり面白い。

顔をそむけたくなるような考え方も少なくないが、そういう ロボットでない人の意見は重要だ。

 

ネットが ロボットだらけだということがわかり始めた今

ターミネーターは現実の世界ではなく このネット空間に存在していると考えている人は少なくないし 僕はそうかんがえているよ

 

広告を非表示にする