読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

バイト

好きなことだけしたい そうでないことはやりたくない。

若い時は 頭で考えず 経験をとにかく増やすこと やりたくないなと思うことでも一度やってみること そうして 自分の殻の範囲がわかり 殻をやぶれたりする。

好きだけやっていると小さな自分の世界から抜け出せない。

ある程度 インプットがおわると 選択の時期がやってくる。

時間は限られているから 自分のやるべきことを決めて そこに全資源を投入する。

そのうち 自分は確立されるが それは いびつでかたよったものになりがち うまくいっているうちはいいのだが なんかぱっとしない という人は 自分を変えていかなければならない。

それまで垢のようにこびりついた間違った習慣 考えを切り替える必要がでてくる。

その為の手段として

 

自分は バイト というものを位置づけている。

ここ5年でバイトは1日しかしたことがないが あればぜひやってみたい。

 

常に どこかでバイトするという身軽さはもちあわせている。

お金までもらえて勉強できるなんて とってもおいしい。

(なのでスポットで仕事は選ぶが)

選択基準は まず

相手が儲かっていて 人手が足りない現場が基本

今 こういうのが いいんだ ってわかるし

一日で自分の認識がごろっと変化したこともある。

今、世の中のマーケットはこうなっているんだ こうやればいいんだと

 

しかし そういうバイトに関わらず 末締めの翌末払いとか ふざけたところがあるわけ。ツブレロ

 

他人に仕事を手伝ってもらうわけですから 労働債務コストをできるだけ減らそうとするコスイ会社はだめ。

誰が手伝うの?誰が 御社の為になんて思うの?

頭のねじがたりない連中対象なのかもしれないが バイトを対等に見ていないことがわかる。

これでよかったらきてくれたまえ うちはこうだから

 

このまともな人手がたりない時代にありえない。

 

きてほしいなら金はすぐ払え

いい待遇でも払ってもらうまでいい待遇がどうかわからん時代だからね。けっこー会社つぶれるから

 

話はずれたが 旅行に行く気分でバイトはしてみたい派 です。

それに そのうち それどころじゃなくなり ぜったいできなくなるから

 

 

長年生きたからわかることがある。

当たり前のことを書いていてもそれがどれだけ大事か若いときはわからない。

同じ日本語を使い 読み書きできても似たような経験しないと伝わらない。

仮に知識としては 流通させることはできれても それは 知識程度であり使いことなすことはできない。

 

広告を非表示にする