読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

夢を見た

リアルな夢をたまに見る。今朝みた。

それが リアルな感覚を持つ夢

それだけありえる現実に近い夢。(起きてからの現実生活でありえるとはちがうが)

前後関係 脈絡など

 

車が盗まれる夢

それなのに おろおろ 駐車場で探す。

 

そこに意味は無い。起きたらその車はもともと所有していないのだから

 

 

それで わが身を振り返り思うことがある。

 

リアルである現実もただ そう思い込んでいるだけで 実際には 自分の思い込みにしか過ぎないのではないか。なにもかも と 思ったりする。

あると無いは紙一重 0か1の世界だから

何度 似たような話で申し訳ないが これまでの人生を振り返りそれをさんざん感じる。

結婚とて 男の思惑と女の思惑は違うし 他人の長い人生を聞いたり見たりすれば 

最初はこんなんじゃなかったのに と よく聞くし そう思う。

信じたい自分しかそこにはなかった   現実ははるか 遠くにあった。 

 

 

 

次  よく思うことは ハードル的ななにかをわざわざ 自分でこしらえて 

それをクリアするだけで精一杯になって時間を浪費している現実。

 

仕事でやらなきゃいけないこと、プライベートでやらないといけないこと

それをしないと 困る人がいたり自分の生活が崩れるようなやるべきこと

そういうハードルをつくったのは まぎれもなく自分。

 

しかしそのハードルを乗り越えることだけに専念して、いっぱいいっぱいまでやり 時間だけが過ぎる。誰かにいわれたり 強制されているように思えるけど

強制しているのは 結局 自分

 いやなら放り投げて 逃げ出せばいい。

 

結婚や子育て 仕事 その他もろもろすべてそうだと思うんだけど

ハードルを乗り越えるだけで人生が終わるような気がしてならない。

乗り越えることが自分の目的 夢そのものならいいんだけど ほとんどはたぶんちがうと思う。それが思い描いた理想の夢ではなく 違う現実となり

こんなはずじゃなかった って 

 

うまくいえないが ハードルを越えるだけ は  それだけで終わる。

時間だけが過ぎる。消耗するだけ

 

人間だからミスをするけど それにしても ゴールを間違えた気がするここ最近

 

 

 

広告を非表示にする