読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

相手の年齢

相手の年齢を聞きたくなる衝動は誰でもあると思う。

対象の年齢がわかることで  分類化できるから カテゴリーにあてはめることができる。 安易なカテゴライズ

生物学的なそれのこともあるだろうが

その人の人格を見る上で年齢は一定の分類はできても

非常に荒い ざっくりしすぎる評価方法なので あてにならないと思う。

20歳前後までの人からみると 先輩は頼りになるが 見抜く力がない為、年上の全てが同じではないにせよ 君 大人だよね と思いたいと思う。

しかし 人による。

同じラインに 勤務するだけの人と 

いろいろな経験をつんだ人とでは同系列ではみれない。

前者は 真剣に思考している時間そのものも少ないし(なんとなく人生が進んでいく)

後者は 踏み外せばがけっぷちのような人生ともいえるので 真剣に思考せざるえない。

道をふみはずさない ずれないという点においては前者は非常に優秀であるのは事実だが、普通の経験値の範囲にとどまる。

 

どちらが優秀とか 劣っているということではない。

属性の問題。

 

人によるのに 人は年齢をききたがる。

理解する能力がないから 読み取ろうとする努力を省略したいからかもしれないが

年齢だけでわかれば苦労しないと思う

 

 

 

 

 

広告を非表示にする