読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

時代の移り変わり

自分で仕事をしている場合 気おつけたい点がある。

自分なら どんな局面でも乗り切れる的 スーパースター ヒーローのような 感覚を持たないこと。

 

対外的にそのポーズはOKでも 内心は どこかでびくびくしている 小動物のような警戒心 臆病さを持ち合わせること。

 

おれなら なんて 夢にも思ってはいけない。

 

それで その為に具体的に 何をしたらいいのか

 

貯金です。今の仕事が全部ぱーになっても 借金が残らず 次のビジネスを見つけるまで持ちこたえるだけの資金 何かを始める為の資金を残しておくことです。

 

時代の変化が激しい今だからこそ ここが大事 

 

つっこむだけつっこんではいけないのです。

 

リターンがあるかもしれないが どこかでとめておかなければ 這い上がるまでの時間 相当 時間のロスします。

 

人生の山は1度だけではないですし、 こんなチャンスは二度とこないと思っても違う業界ではチャンスはいっぱいありますから

 

もしも 会社員で そんなの関係ないさ という方は

資金を 自分の時間と考えてください。

同じ業界 同じことばかりやっていると 時代にそぐわなくなる時がでてくる可能性があります。

それが 10年後無くなる仕事等でいわれている事と似たような意味になりますが

そういう場合の貯金とは 自分を守る為の 他の仕事の知見 スキル 人脈 もろもろです。

極端な話 土日 とか 夜 バイトにいってもいいくらいです。

ここではお金の大小で選択してはいけません。

お金はたいしたことがなくても 得るものが大きければ 極論ボランテイアのような 

謝礼1000円等でもいいのです。

教えてもらいながらお金までもらえるなんて というバイトを見るけることができたらもうけものです。

 

なにやったらいいかわからないですよ という人は

相当 経験がないので 経験を増やす意味でもOKですし 

社外の常識を見ることで 自社や業界の方向性がみえてくるものです。

 

まとめますが 直感や主観や 感情で すべてを 投資しきらないこと。です。

いけると思っても残して 他にまわす余裕が 

いざという時の杖となり バックドア や どこでもドアのような助け舟となるものなのです。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする