読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

マッチング

人は独りでは生きていけない。

 

強がりで    独りでやっていけるが なにか?

 

といってみてもいいが 食べ物はどうする? 家は自分でつくるのか

水はどうするのか 一つずつ つぶしていったらわかるが 

それこそ 無人島で独りで一生豊かに暮らせますか? 

 

という 話になる。誰にも頼らずに という意味で考えても 仕事をもらう相手 など 対象 が 非協力的で どうやって成り立つのか 些細なことでも アンチ的態度

きにくわねーんだけど これ といちいちいわれて やってはいけない。

 

この時代 豊かに生きようとすれば いかに他人とおりあいをつけて 仲良くやっていくか ここが 一番大事 仮にひとりで生きていけるかもしれなくても 豊かに楽しく生きるのには 仲間はいたほうがいい。

 

もし 他人と仲良くできる能力があれば 他は あきれるほど 程度が低くても大丈夫

特に昨今のような 世界の多くが平安である時代はここです。

 

金とか地位とか その他もろもろよりも一番大事なのは 人と仲良くできることであり 理解し支援してくれる仲間です。距離は関係なし。

 

大金もちになるよりも成功するよりも  

1つのメッセージで 全世界から 何人も自分の体を動かして助けにきれくれるほうが うれしい と思うのは僕だけでしょうか。 

 

仲間ってつくるの難しいですよ。簡単な人もいるでしょうが 多くの人はボッチにいかないまでも 距離感遠い人達の間で生きています。

見つけることができていない。

 

 

 

 

人間って個性があります。

私は こーしたい って個性です。

体が成長して 心が成長して 個性が成長して 人は大人になりますが

個性こそ その人そのもので 

何に幸せを感じるのか 趣味 異性のこのみ 性癖から その他すべて さまざまな違いがあります。

 

これ大好きで ここはちょっと弱め ここ強めね ここはありでここは無し これありえないから とか 他人からみたら ああめんどくさーと思えるのが 人間です。

それで そういう細かな 要望に 今までは どこかで 

 

妥協

 

 

していたのです。

 

しかし 多くの人が ゼロ距離でデバイスを持ち ネットに近づいた 今 

マッチングに費やす時間が相当ショートカットされているわけです。

マッチングするためのふるいである選別ツールはlineなどのSNSアプリです。

そこで ブロックしながらよりマッチする相手を捜し求めることができると思うのです。

 

ファイナンシャル的にみえて マッチングで ありえないと思われていた

物々交換という可能性が実現しかかっていると聞きましたが 

そういう時代なのです。

(あたしじゃがいも5トンもってんだけど ビトンの5年前の財布交換してくれ のよーな・・・)

 

そのそもネットは何か?とつきつめれば マッチングそのものです。

その本質を見つめていけば いろいろな ことがみえてくる と 最近気づいた あたしは 情弱です。

 

 

 

 

広告を非表示にする