読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

人生ひまつぶしか バタバタか  パーキンソンの法則

学校へ行き 卒業して 就職して 結婚できて 子供が生まれて

毎日似たような仕事をして 家でも ありきたりの日常で

それでもなんだかんだ色々あって 正月や休みは 暇で

暇をつぶすのに大変で・・・・

 

そういう人って意外に多いと思うのです。

貧困とかいいながら それでも 二人で働けばそれなりの生活ができる。

 

かたや 自営となると 毎日毎月が ハラハラの連続

資金繰りか 顧客獲得か 顧客とのトラブルか

忙しくて 時間が無くなるかなどなど

命がけならず 多くの経営者は人生かけてます。 

 

どっちがいいか というよりも バランスだと思います。

 

自営がほとんどでしたが 今更になり思う事ですが 平凡や安定というのは

とても大事です。

 

平凡である 安定しているというのは けっこう難しいことです。

慣れている人はそうでもないのですが 習慣によりできた能力です。

 

とある ネットで 騒いでいる(ブログでがちゃがちゃ書いている)人がいます。

お金ももってそーですし 仕事もそれなりにまわしているようです。

(そこは会社名までだしていますから 誇張ではありません)

 

もう 60すぎたくらいでしょうか 

最近 長いことやってきたが こんな仕事より 安定が よかったかなあ と書かれていました。

 

自分も最近 そー思います。

大きく儲けたり 仕事がうまくいって忙しいという価値観は 若い時だけ

後からみると そこまでする必要があったのか?と思う事は多いです。

達成感 その他もろもろ大事なこともありますが

 

雑誌や新聞、メディアでは 仕事の出来で評価するような部分がありますが

(成功者はとりあげられるから)

だからといって 追い立てられるように 仕事をうまくいくようにしなくちゃということはなかった。

ほどほどでよかったと思うのです。

 

一番 大事なのは 仕事ではないのですから ほどほどする必要があると思うのです。

 

多くの人が やっぱ 東京はいいよな 首都圏はいいよな みたいなことを言いますが それも違うと思います。

 

仕事をする上では レートも高いし 市場も大きい コストも安いのですが その中にいることにより 仕事を最優先した人生になるわけです。

 

顧客の要望に応える為 密着する必要があり 離れられない。

長期旅行に行きたくても 気を使うし 

そんなの 自分の人生ではありません。

 

それと 最近になり 気づいたことですが 仕事って 仕事をうまくする 誰よりもうまくやる等が 大事ではないのです。

 

できて当然ですが、 失敗すればリカバリーすればいいだけで 

仕事そのものよりも 顧客 関係者含め みんなと仲良くすることが、

一番大事なんだなとよくよく思います。

 

さて 毎度のように話が流れに流れましたが 

 

人生 暇つぶし といえば それまで です。

ほんとにやりたいことがあれば 暇つぶしなんていってられないと思います。

家族がいようが 多忙であろうが 関係なし

 

 

ここで大事な法則があります。

 

パーキンソンの法則

 第1法則仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する。(WIKIより)

 

暇で時間がいくらでもあっても 目的がなければ どーでもいいことが いっぱいいっぱいまで広がる的な話です。

時間はいくらあっても足りなくなるのです。

 

その上 これもあります。

パーキンソンの凡俗法則

些細な物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く(これもwiki

これは組織でなくても 起こりえることです。

人は選択の中 生きていますが そもそもその選択肢は必要があるのか?

選択肢の中に そもそもこの選択問が本当に必要かどうか を考えなければなりません。 暇をつぶすためにはじめたことがいつのまにか・・・・という感じでしょうか

 

その上、組織的な国や世間の流れに身をまかせると この手の無駄に追従してしまうわけです。流れにはさからえません。

こんなことしても意味無いのにな とぐたをまくよりも そういう仕事でキャリアを汚すのはどうかということです。大組織の中でしか実現できない経験 人生というものがありますが、それでも 上がいうから 仕方ない というのをやり続けるのは 問題です。これが 勤め人のつらいところです。

話が長引きました。そういう矛盾や無駄があちらこちらにあるものなのです。

 

 

なので 暇だから というのは二の次で まず 何をなすべきか 何が一番したいのか だと思うです。 

あれこれなんとなくやっても

絞らなければ ただ時間が過ぎることになります。 

 

 

   安定が一番いい理由があるとすれば 自分を見失わないことです。

 

 

自営でも 安定するシステムをつくればいいだけで それを前提としない経営者は 

なにやってたんだろー と なったり  あるいは気づかない となりがちなのです。

バタバタしてたら 考えることなんかできないですし お金が入ってきたりすると 正しいと錯覚します。

このあたりが 休日をきっちりとるべき理由です。

まったく仕事しない日を 月に5日 できたら 10日くらいは欲しい。

なかなかできない 

 

だから 困る の悪循環なのですが

 

 

広告を非表示にする