読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

1円と1秒

金と時間は比較的、対象性 があります。

 

金で時間を買う 便利さとか 人の時間とか色々

その他の対象に対しては 金は時間と交換しやすいが

自分に関しては 自分の時間を金に替えることはできても (アルバイトなり労働)

金を自分の時間に替えることはできない。

金とは所詮その程度のものです←ここが一番大事

(雑誌 テレビ メディア 仕事の先輩 その他 

  他人は そこはあまり語りませんが ここはおさえておかなければならない。 )

 

 

金は大事といっても このあたりが 限界です。

 自分の時間の前ではたいした価値がない。

金で買えないものはない は ウソで 売り物でないものがけっこうある。

金では売らない人もいる。 

 

 

10000円の利ざやを稼ぐのに 3000円の経費がかかる。

3000円節約すれば10000円の利ざやを稼ぐ時間が無くなる。

 

合理的に考え 3000円払う。 こういうことって意外に多いと思います。

ここで出し惜しみをしたり 値切ると 10000円の機会が無くなる あるいは 減るとすれば いかがですか?(中途半端に1500円だけ経費かけるとか)

経営者の方なら その桁を1000倍程度にすれば 理解できるのではないでしょうか

ちまちま 経費をかけていてもね の世界です。

 

 

そうなるともはやお金って なんなの? って感じる方もいるのではないでしょうか?

金とは所詮その程度の存在なのです。

その上で お金を大事に大事に扱うのです。

 

 

1円を粗末に扱う 軽く扱うのと 1秒を軽く扱う これは非常に 近い感覚があります。

 

しかし 

1円を大事にすることにより100円となり、100円を大事にすることにより 1000円になる。

もしも 複利運用をしていけば 倍運用で 1円は2円となり2円は4円 4円は8円 8円は16円 そして気づけば 100万ぐらいにすぐなります。計算は割愛します。

 

複利でも 4倍などになれば 結構早く増える。 

 

 

1秒が積み重なり 1分となり 1分は60分となり  

もしも マルチタスクで 自分の時間を運用していけば 1秒や1分というものが どれだけ重いか ご理解いただけるのではないでしょうか?

 

1秒や1円ごときではなく そういう刹那的な単位が積み重なり100年1億という数字となることを今一度確認してみましょう。

 

 

 

 

 

金と時間は比較的対象性があります。

 

金で時間を買う 便利さとか 人の時間とか色々

その他の対象に対しては 金は時間と交換しやすいが

自分に関しては 自分の時間を金に替えることはできても 

金を自分の時間に替えることはできない。

金とは所詮その程度のものです。

 

金は大事といっても このあたりが限界です。

 

10000円の利ざやを稼ぐのに 3000円の経費がかかる。

3000円節約すれば10000円の利ざやを稼ぐ時間が無くなる。

 

合理的に考え 3000円払う。 こういうことって意外に多いと思います。

ここで出し惜しみをしたり 値切ると 10000円の機会が無くなる あるいは 減るとすれば いかがですか?(中途半端に1500円だけ経費かけるとか)

経営者の方なら その桁を1000倍程度にすれば 理解できるのではないでしょうか

ちまちま 経費をかけていてもね の世界です。

 

 

そうなるともはやお金って なんなの? って感じる方もいるのではないでしょうか?

金とは所詮その程度の存在なのです。

その上で お金を大事に大事に扱うのです。

 

 

1円を粗末に扱う 軽く扱うのと 1秒を軽く扱う これは非常に 近い感覚があります。

 

しかし 

1円を大事にすることにより100円となり、100円を大事にすることにより 1000円になる。

もしも 複利運用をしていけば 倍運用で 1円は2円となり2円は4円 4円は8円 8円は16円 そして気づけば 100万ぐらいにすぐなります。計算は割愛します。

 

複利でも 4倍などになれば 結構早く増える。 

 

 

1秒が積み重なり 1分となり 1分は60分となり  

もしも マルチタスクで 自分の時間を運用していけば 1秒や1分というものが どれだけ重いか ご理解いただけるのではないでしょうか?

 

1秒や1円ごときではなく そういう刹那的な単位が積み重なり100年1億という数字となることを今一度確認してみましょう。

 

 

※金とは所詮その程度のものについて


以前は 一日5万10万 楽に稼いでいたよ と いう方 けっこうおられるのではないでしょうか? しかし 休みなく働いていた方は 振り返り こう思われると思います。

仕事も大事だけど 休みをとり遊んだりしておきたかった。

年を重ねれば あるいは 成功して金に余裕ができればそうです。少なくとも 僕は年を重ねたのでそう思います。

(もしそう思わない方は バタバタしてあっという間に時間が過ぎたなーという感覚しか持ってないと思います。)

 

仮に 月に5日 休んでいた方がいたとしたら あと5日 働いていたら 25万増えていた 50万増えていた とは思わないと思います。


体験していない 後者についてはうまく説明できません。

 

どこかで自分の人生の時間を 大事にする感覚をもつべきです。
さもないと 仕事と金だけ残り 人生で一番大事な ものをみすみす 放棄することになります。

仕事の為の息抜きの為の時間としての 休みではなく 

自分の人生の為の時間は一番大事です。

人は持ちあわせているものを全て使い切る習性がありますが そこまで 仕事に費やすのはおろかな行為です。 

 

但し、一定の期間 島流しにあったと割り切り 金の為に人生を売る事は大事かもしれません。種銭をつくる為にはそういうことも選択としてありです。

それこそ 選択 です。 

 

 

 

 

広告を非表示にする