読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセスの途中

とりあえず 懸命に雑談してます。

余裕をもった運用

自分が主人公で 自分が世界の中心で  俺様が・・・的な 感じ

 

これ まったく 無いです。

 

ゲームの中にでてくる 脇役程度の存在をわきまえています。

 

かろうじて 操作できるかなって程度

 

そんな状態を ある程度距離をおくように努力しています。

 

難しいけど

 

 

客観的に自分を見るなんて 難しいです。

それでも 努力はします。

 

前置きが長くなりましたが

自分を客観的にみることはとっても大事だと思うのです。

なぜなら 人は 8時間あると 8時間ぎりぎりまで使う習性があります。

お金もそうです。

主観的になればなるほどそこからぬけだせない。

1週間あれば いっぱいいっぱいまで使います。

でもそうなると 余裕も 何も もなくなるわけです。

埋めれるまで 埋めてしまいますから

なんでもぎりぎりまでねばって やる人は そのあたりをもう一度考えるべきです。

僕がそうですから  

そうする習性は 本当はまちがいではないのか?と検証する作業は必要

 

 

人生というか 人は行動していくなかで予想外の出来事にでくわします。

想定できないのです。

 

その想定外に対処する為  余裕のあるスケジュールが大事です。

 

あえて あけておくのです。

 

エッジを利かせて ぎりぎりまで という時間やお金の使い方は 目的の為の最善のように見えて 拾うべきチャンスが拾えず 万が一のミスで 大きな穴をあけるのです。

 

そういうことを最近考えることができるようになりました。

 

あえて 予定よりも30分早くでる

あえて はやめに終わるようにするなど 

 

余裕は それだけ なにかあった時のラッキーやアクシデントに対応できると思うのです。 

 

 

 

広告を非表示にする